2008/11/29

「超」役に立ったD90

昨日、学校の行事関係で立川に行ってきました。

   _DSC1932.B060eEWcmZLu.jpg


ちょっとした演奏会だったのですが、いろいろあって列整備やら警備やらやりました。
そこでNikon D90がものすごい役に立ちました。
「演奏会」といっても「プロ」の方々のではないので、専属カメラマンがいるはずもなく、
ほとんどの方がコンデジユーザーでした。

またホールでやったということもあり、暗いためにコンデジはノイズ入りまくりだったようで・・・
そこでD90が本当に活躍。
ISO1200~1600でも大丈夫だし、撮った写真のデータを翌日の学校で即お渡し。
演奏した方々に喜ばれました。
またムービー機能も大活躍で 「動き」を残せたこと、本当に良かったと思います。
さらに手ブレ補正機能(NikonでいうとVR)も大きく活躍しました。

   _DSC1922.Uhn7AOBMzHzG.jpg


たとえばコレです。(先を行く友人を撮影したもの)
歩きながら、かつ天気が悪かったのでシャッタースピードを落として撮影しました。
自分でも「絶対ぶれるな・・・」と思っていたのですが、嬉しい誤算です。
ここまで補正してくれるとは思っていませんでした。


   _DSC1968.b6TFWsMankoe.jpg


ISOノイズに強いこともあり、暗い中でも無事撮影できました。

本当に大活躍です! ただ不満に思ったことが1つ。
それは連写機能です。

D300だのD3だの、上のものと比べるのもアレですが少々不安なところ。
というのも、動く被写体を撮ると予想以上にぶれます(当たり前ですが^^;;)
これを連写でもう少し救って欲しいな・・・と。

シャッタースピードを速くすると、必然的にISO感度がアップ。
D90は(私の感覚で)1200くらいまでは常用できますが、それ以上はきついです。
そうなると、「連写と高感度に強いD3とか良いなぁ」と改めて思いました。
アマチュア機とプログレッシブ機を比べても(^^;;)なんですけどね(笑) 価格もアレですし;;

というわけで、昨日はD90で600ショット撮りました。
ありがとうD90!

0 件のコメント:

コメントを投稿